GPZ900Rのラジエターとオイルクーラーの大型化

忍者900E
長く付き合える名車です!

バイクいじり、今回はNチビではなくて忍者の方です。

GPZ900Rは元々オイルクーラーとラジエターの熱処理能力が低く、高速移動が多い外国ならともかく低中速移動が大半を占める混雑しがちな日本の交通事情には合って無く、オーバーヒートを心配してしまうほどのウィークポイントとなっていて、このバイクをカスタムするとなると昔からまずここからがとっかかりになるんですね。

そこで今回、大袈裟でお金がかかるカスタムじゃなくて、実質本位のプチカスタムをしてみた。何年か前からヤフオクで見つけて買い揃えていた一万円のノーマルよりも2割用量が大きいアルミラジエターと、1200円で落札したGPZ1100(水冷モデル)のオイルクーラーがガレージの隅で忘れられかけていたので装着してみました。

ほぼ無加工に近い状態で付くらしいのですが、はたしてどうなる事やら。

GPZ1100のラジエターがほぼボルトオンでGPZ900Rに付くってホント?

結論で言いますと本当でした。オイルラインもノーマルをそのまま使いましたもん。ただ、ノーマルステーを使う場合はサンダーで一部分削らないと入りません。ノーマルより1100用の方が倍以上の大きさなので当然ですが。ちなみに変更した部品は下記写真の通り。

上がノーマルで下が社外品ラジエター
上がノーマルで下が社外品。

厚みだけが若干違います。これで冷却効果20%アップなんだそうです。

こうしてみると、厚みが2倍近い感じです。
こうしてみると、厚みが2倍近い感じです。

オイルクーラー。上がノーマルで、下が1100用。倍近い用量です。(笑)

コアの段が4段から7段に増えました。
これは効果抜群でしょう。コアの数がほぼ2倍

ちとオイルのホースラインの取り回しと取り付けステーの加工に少し悩みましたが、割と難なく付きました。ほぼボルトオンと言って良いでしょう。

ただ、ノーマルステーを使用する場合はサンダー買わないとかな。(笑)バイクや車や小さい大工仕事くらいは自分でなんとかメンテナンスしよう、って思っている漢はサンダーくらい一丁持っとけ!(無茶振り御免。)

勤め先とかにあったら、是非使わせて貰いましょう。

ノーマルオイルクーラー。貧相です。

当時は日本国内ではオーバー750は販売出来なかったので、日本国内市場は頭に無かったんでしょうね。中高速移動がメインの海外ならいざ知らず日本国内では熱対策がこれでは貧相過ぎです。

GPZ1100用に換装。効果は抜群でした。


ゴリゴリのカスタムも格好いいけど、俺は最小限のカスタム(改善)で済ませるよ。

違和感ないでしょ?(笑)

見た目はノーマルだけど実はしっかり弱点は克服している感、自己満足だけど満足です♪ 金かけて人に「すげぇ」とか思われるカスタムとか、もう卒業です。自分自身がバイクと一体になって人車共にストレス無く旅出来れば、それだけで良いのです。

ついでなのでスプロケットも変えました!

鉄で十分だよ!
アファムの鉄。(笑)
スプロケットのボルトはホイールを外す前に緩めよう!
スプロケットのボルトはホイールを外す前に緩めよう!


スプロケットのボルトはホイールを外す前に緩めよう!

僕はそれをやっちまったのですが、ホイールを外してからはスプロケのボルトなんて、早々簡単に外れません!外れちゃいけない部品、ってのも有るけど、力が入りにくいのです。

僕は「電動インパクトレンチ」を持っていたので難なく外せましたが、人力だとかなり大変です。

なので必ずホイールを外す前に緩ませるだけやっちゃいましょう。ホイールごとタイヤを外してからだと力が入らず苦労しますし、下手をするとボルトを舐めてしまう可能性が有ります、要注意!

オイルクーラーの脱着作業だったので、ついでにオイル交換も出来ました。

モチュール5100
最低限、このくらいのオイルは奢ってやりましょう!

ここで注意だけど、「バイク用のオイル」を四輪車に入れるのは全然無問題だけど、バイクにホームセンターで売っているような安いオイルを入れちゃ絶対に駄目ですよ!!

考えても見て下さい、車のエンジンなんてどんなスポーツカーでもせいぜい回っても8000とか10000rpmだと思うのですが、バイクのエンジンは10000rpmから20000rpmとかの超高回転の超精密エンジンです。

僕は恥ずかしながらも一回それで高速走行時にロッカーアームを齧らせてしまった事が有ります。ライダーの皆さん、エンジンオイルは決してケチっちゃ駄目ですよ!後で高く付きますので。安全に楽しいバイクライフを送って下さいね!

それじゃ!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です