新津 駄菓子の駅 なつかし屋

新津 駄菓子の駅 なつかし屋

新津 駄菓子の駅 + 昭和のなつかし屋 に行って来ました。店名が無駄に長いw

「新津 駄菓子駅」とか「新津 なつかし屋」で良いじゃん!(笑)

早い頃に近くにある「昭和基地 一丁目 C57」にも行ったんですが、内容は甲乙つけがたいです。

個人的には、最近Amazonで頼もうと悩み考えていた「すもも漬け」が有ったので、今回行った「なつかし屋」に軍配が上がりますかな。

新津市の商店街の中に在りますが、駐車場は無いので近くのコインパーキングに停めるか、最寄りの銀行のATMでお金を降ろしたついでにでも寄ったら如何でしょうか?

つうか、歩いてじゃないと見つけにくかったです。

ようやく見つけて中に入ります。有りがちだけど懐かしい演出。昭和生まれは心が踊りますw

新津 駄菓子の駅 なつかし屋

逐一「鉄道」に絡めてくる辺りは、やっぱり「鉄道の町・新津」なんだと思いますね。

新津市は古くから「汽車を作っている街」として有名でして。まあ今時「汽車」とか言わないけどw 

東京都内を走っている山手線や地下鉄もこちらで作っているのは有名です。出来上がった山手線や地下鉄が深夜、信越本線を自走して都内に納車されているんだとかw

おいらの時代はまだ名残で電車が来る「電車時間」を「汽車時間」とか言ったもんですよ。(笑) まだフォークソングの「なごり雪」の時代の面影が残ってたのかも知れないですね。

「なごり雪」と言うとイルカの方が有名だけど、個人的にはこちら元祖が好きです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次