新潟市 中華そば さぶろう 昆布水のつけそば塩

新潟市 中華そば さぶろう 昆布水のつけそば塩

この頃流行りの「昆布水のつけ麺」。色んなお店で提供していますね。これだけブームだと一回くらいは食べておこうかな、とも思ったんだけどそもそもどんな食べ物なのか。

「つけ麺」なのには変わりはないようだけど、どうやら麺が浸かっている水が「昆布水」と呼ばれていて、昆布でとったヌルヌルの水なんだろうか?

色んなお店が提供する中で「こちらのお店なら間違いないだろう」、と新潟市江南区に有る「中華そば さぶろう」さんへ行って来ました。

この方無しでは新潟のラーメン界はここまで発展していなかったんじゃないかと言われる、レジェンド「斎藤三郎」さんのお店です。

新潟市 中華そば さぶろう 昆布水のつけそば塩

相変わらずの大繁盛店です、混雑を避けるために時間をずらして一時半頃の訪問でしたが、それでも外待ち4名ほど。

ウエイティングボードに名前と人数を書き、食券を買って待ちます。

「昆布水のつけそば塩」の並を注文。

5分ほどで入店、着席出来ました。

「昆布水のつけそば塩」の並 を注文。少し待った感じで登場です。

新潟市 中華そば さぶろう 昆布水のつけそば塩

写真はボケちゃってますが、綺麗な見た目ですね。麺がとろみの有りそうなお汁に涼しそうに浸かっています。これが昆布水なんですね。確かにヌルヌルのお汁です。

新潟市 中華そば さぶろう 昆布水のつけそば塩

店員のお姉さんが「藻塩を振って麺だけ食べてみて下さい」と藻塩を持ってきてくれました。一口そうやって食べてみて「なるほど。」ってな感じですw

塩つけダレはシャキシャキの歯ざわりが楽しい切り方の美味しい葱と、僅かに燻煙されたと思われる絶妙な低温調理チャーシューが沢山入ってました。このチャーシューが絶品で無限に食べたいほど美味しい!

新潟市 中華そば さぶろう 昆布水のつけそば塩

ドゥルドゥルの昆布水を纏った麺をつけダレにつけて食べ進めていく内に、つけダレの粘度も高くなって行き、余計に麺に絡みつきやすくなります。これは計算され尽くしたギミック!(笑)

そして昆布水で良い具合に薄まったつけダレも最後には飲み干せる一石三鳥も四鳥も有るんではないでしょうか、良くこんなメニューを考える人が居るもんだ。ラーメンの表現の可能性って無限大なんでしょうか。

とっても面白くも美味しかったです、ご馳走様でした!😊

・・・でも、やっぱりおいらは個人的に「普通のラーメン」が一番好きかなあ。「さぶろう」さんはデフォのシンプルなラーメンがずば抜けて美味しくて好きなもんで!😆

住所新潟県新潟市江南区丸山ノ内善之丞組727-1 
TEL025-383-6069
営業時間10時~15時
定休日不定休
席数24席
駐車場20台