純喫茶ロンドン 休日の締めくくりに。

純喫茶ロンドン 休日の締めくくりに。
純喫茶ロンドン 休日の締めくくりに。

この日は日曜日。午前中から嫁さん孝行にラーメン&温泉ドライブに行った帰りに燕市の「純喫茶ロンドン」さんに寄りました!

過去に一回連れて行ったことが有ったのですが、それ以来また連れて行けと幾度ともなくリクエストされていたので、久しぶりに連れて行ってみました。

燕市仲町の30分以内ならお咎めなしの路駐スペースが空いていたので、車も難なく停められました。それにしても相変わらずシブい佇まいです。

純喫茶ロンドン 休日の締めくくりに。
「純喫茶」ロンドン。

なんで「純喫茶」って言うんですかね?大昔に「ノーパン喫茶」なんてのが有ったせいで差別化しているんでしょうか?後でググってみよう。 いや、純喫茶の方をですよ。(笑)

さっそく入店します。あらら、テーブルゲームの台は洗浄済みのカトラリーが入ったカゴが置かれ、女将さんが拭き取りをする為の作業テーブルとなってました、残念!(笑)

メニュー確認。嫁さんは「チョコレートパフェ」とずっと心に決めていたようで即決。

俺もそれが良かったが、ブログネタ的に「ナポリタン」にしてみました。昔ながらのベタな喫茶店メニューが食べてみたかったもので。(笑)

今回はナポリタンが結構と早めに出て来ました。

純喫茶ロンドン 休日の締めくくりに。

昔ながらのナポリタンですね、ウィンナーは赤いやつ。

純喫茶ロンドン 休日の締めくくりに。
昔ながらのナポリタン。

麺はコシがなくケチャップ味で美味し過ぎない、だがそれがいい。ココにたっぷりと粉チーズとタバスコをぶっかけて食べるのが昭和スタイル。

嫁さんの注文したチョコレートパフェも到着。前回もそうでしたが、パフェ類などはやたら時間が掛かる印象です。

以前説明を受けましたが、注文の度にホイップクリームを作っている様です。

純喫茶ロンドン 休日の締めくくりに。

フルーツたっぷりな上に、手作りと思われるホイップクリームは甘過ぎない絶品だったそうです。

容器の底に「シスコーン」みたいなシリアル?あれが入っているのが嫌いだそうなんだけど、ロンドンさんは入ってないから上げ底じゃなくて好きなんだそうです、知るか!(笑)

俺はあれはあれで美味しいから好きだけどなあw

相変わらず昭和で時間が停まった店内も素敵です。この雰囲気が今時の若い人には新鮮なのか、意外や若い人がお客さんとして来ているようです!「映え空間」なのかもしれませんね。

ドラマの中の訳有りカップルが重い話をしていそうな雰囲気がたまりません。😂

そんな訳で良い休日の締めくくりとなりました、とっても楽しくて美味しかったです!😊

住所新潟県燕市穀町3-1-1
TEL0256-62-3615
営業時間11時30分~24時
定休日なし
席数40席
駐車場なし(商店街に路駐スペース有り)