週末料理 豚の角煮を作ってみた!

豚の角煮
豚の角煮

超久しぶりの週末料理です。前回は5月に沢庵炒めを作ったのでした。今回は子供達が大好きな(つっても我が家は二人とも成人しているのですがw)、「豚の角煮」です。

男料理ですが、たまに料理とかするとストレス解消、つうか良い暇つぶしになるんですよね。

ただ、男料理は素材の原価を無視しがちなので結構と出費してしまうのがたまにキズです。(笑)

まずは買ってきた豚バラブロックを「角煮な大きさ」に切って、大きい鍋に入れていきます。肉は茹でると縮むので大きめに切りましょう。

まずは水だけで「下茹で」をして余計な油を抜きながら、トロトロに柔らかくなるまで煮ます。時間にして2時間半ほど。圧力鍋を使っても良いのですが、圧力鍋だと20分くらいかなあ?

ただ圧力鍋だと肉の旨味が全部出てしまってパサパサの味気ない角煮になってしまいます、なので時間に余裕のある時はトロトロと弱火で2時間半。

まずは「下茹で」。
まずは「下茹で」。

「下茹で」で出たスープは豚の旨味とラードが出ているので、捨てずにラーメンスープにするので、長ネギの青いところや玉ねぎ、冷蔵庫でしなびかけていた人参とか、だしパックとか色々と出汁が出そうなのも入れちゃいますw

ラーメンスープも同時に作る。
ラーメンスープも同時に作る。

角煮を作る時もそうだけど、チャーシューを作る時も下茹でしたお湯は冷めてからジブロックなどに入れて冷凍保存し、「豚汁」を作る時にでも使うとコクが倍増しますのでオススメです!

2時間から2時間半ほど煮てフルフルになった肉は別の鍋に移し、醤油1に水0.5の割合で入れてショウガスライス、砂糖と味醂を入れてお好みの甘さにし、煮詰めていきます。照りが出たら火から下ろし、しばらく放置して味を染ませて完成です!

豚の角煮

「下茹で」で出たスープは角煮を煮た醤油を少し入れ、後は甘過ぎにならないように醤油や化学調味料(本だしでも可)で適当に味付けすればラーメンスープの完成です。シンプルに醤油を使わずに塩と味の素だけで塩ラーメンにしても面白いかも。

副産物のラーメンスープ。
副産物のラーメンスープ。

写真は「素ラーメン」ですが、お好みで一緒に作った角煮を乗っけて食べるともう最高!

角煮は一晩寝かせて味を染み込ませようと思って、キッチンドランカー一丁上がりの状態になっていたおいらはそのまま寝てしまったのですが、翌朝起きたら全部綺麗に無くなってました。(´Д⊂ヽ

子供達が全部食べてしまって居たのでした・・・ 次回からは隠しておかないと!(笑)

・・・と、ここまで書いてきて気が付きましたが、このレシピ「アメブロ時代」にも書いてましたw

まあ、そちらも参考にして頂けたら幸いです!

おしまい。

6+

2 件のコメント

  • うまそうっすねー!
    寝ている間に子供たちが全部食っちまったなんて
    実は嬉しいじゃありませんかww
    美味かったんでしょうねー!
    角煮で出るラードを冷凍してチャーハンに使ってます。
    チャーシュー無しでも店の味は言い過ぎでしょうが豚の脂の旨味は最高ですね。
    あー食いたいw

    0
  • 三条市島田の「桑原精肉店」とかでブロック肉を買うと「チャーシューにするんかね?」から始まって、調理方法まで教えてくれるんすよl
    それで作ったレシピを記事にしましたw

    昔のお肉屋さんとか街の商店さんって、そうやって商品の料理法も教えてくれたもんです。

    0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です