寒い日は豚汁で温まろう!!具だくさん豚汁レシピ

おいらは豚汁が大好物なんだが、美味しいですよね、豚汁。🤤

大きめの鍋で作っておけば今時の寒い時期なら2日続けて食べられるし、野菜たっぷりの具だくさんなものだから、余計なオカズがあまり要らない。

なので家でもよく自分で作るんだが、同じ豚汁でも2種類のタイプを作ってますね。

上越の新井に昔からある豚汁の名店で「たちばな」さんがあるんだが、こちらの御主人は太っ腹でして、

その昔に「嵐にしやがれ」というテレビ番組でレシピを公開してました。

そのレシピを再現した過去記事はこちら。職場の新婚女子が「家でも作れたらいいのに」と言っていたので、レクチャー用も兼ねて記事にしたのであった。(笑)

本当に簡単にかなり近いレベルのものが再現出来るのでお試しを。😊

さて、今回はほんと具沢山のホッとする味の豚汁です。野外フェスやキャンプなんかで作るような豚汁ですね。

材料は、豚バラスライス(肉は多めが美味しい)・ささがきゴボウ・大根・人参・こんにゃく(今回はつきこん)・白菜など。

お好みで椎茸やしめじなど、きのこ類を加えても良い味になります。豚肉からはイノシン酸。白菜からはグルタミン酸が出て相乗効果で旨味倍増なのです。

もしそこに入れるきのこ類が「干し椎茸」だと、更に良いらしいです。😊

それらを皆同じくらいの大きさ(イチョウ切りがオススメ)に切って置きます。

まずは大鍋にごま油を敷いて豚バラ肉を炒め、入れる予定量の半分~ほどの味噌もこの段階で入れてしまい炒めます。これで味噌の風味が立つわけです。

ここに切った野菜も入れ、「豚バラ肉と野菜の味噌炒め」を作る気で混ぜ(この段階で野菜類に火は通って無くても良い)、水を投入して煮込みます。

アク取りのコツですが、火力最大で沸騰させると出てきたアクが鍋の中心に集まり、火が通って塊になります。

それをすくい取ってあげれば、アク取りはそれで終了。アクを取ったら火を弱めて煮込んで下さい。

大根や人参などの硬い野菜に火が通ったら白菜を投入。白菜に火が通った所で残りの味噌を入れてお好みの味の濃さに調節して下さい。

豚肉と野菜類から出た出汁で、「ほんだし」等のたぐいは使わなくてもコクがあると思いますが、補強のつもりで少量入れてもいいでしょう。みりんを少し入れても良いんだとか。

最後にひとつまみの塩を少しだけ入れると、味がまとまります。

濃厚なのがお好きな方は、酒粕を入れても良いですね、体が温まります!

完成です!

今年は野菜が豊作で安いので、豚汁でたっぷりと野菜をとりませんか?(^o^)

この日は余りご飯が沢山あったので、冷蔵庫の中にキャベツと豚肉が有ったので西蒲区は漆山の幻の名店「ますや」さんの肉チャーハンを真似て作ってみました!

見た目は悪いけど、我ながら中々美味しかったです。😅

みなさんもお試しあれ!!😆

4+

2 件のコメント

  • いつも楽しみに拝見しています。。ぺこり

    トン汁。。 旨そげです。。 僕も週末にでも自作してみます。。

    0
    • やっさんさま
      お返事遅くなりましてごめんなさい!
      やっさんさまもクッキングパパですもんね~!
      この時期はやっぱり豚汁が良いですね、作ってみて下さい♪(*´ω`*)

      0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です