燕市吉田 鬼にぼ吉田店 「支那そば」

燕市吉田 鬼にぼ吉田店 「支那そば」
鬼にぼ吉田店

「鬼にぼ」さんと言えば、以前は燕市井土巻の県央大橋のたもと辺りに在ったんだが、今は同系列の「東京三ノ輪 ジョニーの味噌 燕店」になって居ます。以前「喜多方らーめん小法師 吉田店」だった場所に「鬼にぼ吉田店」として本日(10月20日)オープンしたとTwitterで知って、たまたま仕事でそっち方面に用事が有ったのでついでに行ってみました。

「あっさり支那そば」を出しているとの事で、ちと興味が湧いたもので。手消毒をしてから入店すると、検温チェックされます。最近チェックをされるお店が多くなりましたね。着席してまずはメニューをチェック。

燕市吉田 鬼にぼ吉田店 「支那そば」
支那そば、つけ麺。

「支那そば」はメニュー写真でビジュアルを見る限り「喜多方ラーメン小法師」の喜多方ラーメンをリスペクトしている気がします。前のお店は結構と地元のお年寄り客が常連としてしっかり付いていたので意識したのかもしれません。この日も高齢のお客さんがかなり多かったですし。

燕市吉田 鬼にぼ吉田店 「支那そば」
あっさり支那そば。

「支那そば」700円を注文してみました。他のメニューも見てみます。

背脂中華そば。

煮干出汁の「背脂中華そば」は県央じゃ外せないですよねえ。(笑)

味噌は見た目は「ジョニー」を彷彿とさせるもの。

味噌ラーメン。

サイドメニュー。「半チャーハン」はあるけど「チャーハン単品」は無いんですかね?

場所柄、酒が有るならおつまみメニューはもっと充実させた方が良いと思います。餃子もまだ無いみたいですし、追々と増やしていくつもりなんだと思いますが。

そうこうしている内に「支那そば」登場です!

燕市吉田 鬼にぼ吉田店 「支那そば」
鬼にぼの「支那そば」

あっさりと言う割にはそこそこ油が浮いていて、しっかりとした「豚骨だし」を感じます。しかし、スープを飲んでみると深みとコクはあるのにスッキリ、おそらく化学調味料は未使用と思われます。ちなみにおいらは化学調味料は否定派でもなんでもありません。美味けりゃ何でも良いのよw

燕市吉田 鬼にぼ吉田店 「支那そば」

メンマは拍子木みたいな極太タイプ。チャーシューはトロトロでは無く、むしろ歯ごたえがあって噛みごたえの有る「肉食った!」って気になるタイプの厚切りのチャーシュー2枚に、端っこと思われる塊がゴロゴロと3つも入っていて、チャーシューメンを頼まなくても充分肉々しい仕様です!

麺はピロピロの平打細麺。啜り心地が楽しく美味しい麺ですが、早く食べないと後半はボロボロになりやすいかも。

燕市吉田 鬼にぼ吉田店 「支那そば」

このボリュームと肉がゴロッと入って食べごたえの有る一杯が700円とかコストパフォーマンス高過ぎ。だって大盛りも無料ですよ?

これは「喜多方らーめん小法師」時代に常連だった高齢のお客さん達も引き続き通うかもしれませんね!他のメニューで若者の心もガッチリ掴めるか?なんにせよこの辺りは「小法師」の他に「なおじ吉田店」も閉店してしまっていたので選択枠がまた増えてくれるのは地域の皆さんにとっては嬉しいことでしょう!

末永く頑張って欲しいですね、ご馳走様でした!

公式ホームページ  

公式Twitter

住所新潟県燕市吉田2756−1
営業時間11:00~21:00
定休日不休
駐車場20台
4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です