新潟市東区 アオゾラメンポ めんぽ担々麺

新潟市 アオゾラメンポ
新潟市 アオゾラメンポ

今日は前から行きたかった、今年の4月に東区の東明にオープンした「アオゾラメンポ」さんへ行って来ました!場所は以前「唐揚げ聖林(カラアゲハリウッド)」が有った所です。

アオゾラメンポさんと言えば、古くは見附市で「碧空麺舗」として営業していた当時からファンの多い名店。初期の頃に出していた「つけそば」は絶品で、個人的には「つけ麺」の美味しさを初めて知ったお店でも有るのです。

その内につけ麺はメニューから外れましたが、こちらのご主人は心底ラーメンが好きな方で、自分が食べたいラーメンを常に探求しながらメニュー化している感じ。なので同じメニューでもガンガンと進化させます。

見附時代の最後の方でハマっていたラーメンは「魚出汁たっぷりらーめん」と「めんぽ担々麺」だったのですが、今の店舗では「煮干し中華そば」がおすすめの様子。他にも「背脂煮干し中華そば」とか「豚骨煮干し中華そば」や「台湾ラーメン」も有るようですが、「めんぽ担々麺」も有りました!

なのですかさず券売機の「めんぽ担々麺 900円」をプッシュ!少々狭い店内ですが、壁際のカウンターに通されしばし待ちます。5分ちょいくらい?割と早い感じで到着しました。

めんぽ担々麺 900円。
めんぽ担々麺 900円。

うん、見た目は似てはいるけれど香りから見附時代の「めんぽ担々麺」とは全然違います。店主さんが元気なのが分かって寧ろその変化が嬉しい。

スープを一口、「キタキター!」って感じでしばらくレンゲでスープを口に運ぶ作業が止まりません。昔とは違うんだけど、美味い!これが「碧空麺舗」のポテンシャルなんだよなあ。

スープを飲む手が止まりません!
スープを飲む手が止まりません!

見附時代の「めんぽ担々麺」は目を離すとスープの表面に膜を張るような濃厚豚骨スープがベースで、食べ終わった後は口の周りがペタペタゴワゴワする程でしたが、今のはそこまでじゃないですね。だけどしっかりコクのあるスープで美味しいし、味の組み立てが「らしく」て楽しい!

苦味にまで届いた煮干し出汁スープがベースでしょうか?染み渡るような滋味深いスープで流石!って感じです。見附時代に比べるとしっかり辛いです。途中の新潟市本町時代やチャッペス食堂時代に行ってないのですが、やっぱりこちらの店主さんは手練ですね。

久しぶりに大好きだったラーメンと再開できて嬉しかったです!もちろん美味しかったです、ご馳走様でした!!

住所は上記地図の通りですが、営業時間は大体昼の部は10時半頃~2時半頃。夜の部は5時半頃~8時半頃です。

休業日は基本月曜日みたいですが、7月に入ってすぐ長期連休あります。定休日とか臨時休業とかありますので、インスタをフォローしてチェックする事をオススメいたします!

駐車場はお店の脇に3台、少し離れた所に4台停められます。お店の前に駐車場の案内表示が貼ってあるので従いましょう!迷惑駐車はトラブルの元になるし、トラブルを起こしたら美味しいものも美味しく頂けなくなるのでルールに従って行動したいですね!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です