美味しい枝豆の茹で方!/枝豆は採れたその日の内にすぐ茹でる事。

夢がふっとつ!

新潟の「夏」と言えば、とにかく「枝豆」!

そう言い切っても良いくらいに新潟ではメジャーな夏の食べ物、「枝豆」。

最近はスーパーとかで買うと馬鹿みたいに高いですが、週末に早起きして「市日」で買ったり、地元野菜の「直売所」が身近にあったりすると安く買えます。

枝豆は収穫したその日の内に茹でないと、凄い勢いで味が落ちるので「当日朝取り限定」で購入したいところです。スーパーで売っている奴は流通事情から2日は経っていそうで、ぜんぜん美味しくないもの。

なので、農家や畑を趣味でやっている友人を沢山作りましょう。(笑)

これって、都会に住んでいる人には凄く贅沢な話かもしれませんね。都会人、新潟に引っ越しておいでよ~!安月給でもそこそこ幸せに暮らせるぞ!(笑)

冗談さておき、本題に移りましょ。

枝豆の美味しいゆで方。(俺流)

鍋にたっぷりのお湯を沸かします。飲んでしょっぱさを感じる程度までに食塩を溶かします。

夢がふっとつ!/枝豆を茹でる

この際の食塩は「パスタや野菜をゆでる専用の食塩」なので安いので十分。我が家ではこれを使ってます。

夢がふっとつ!

別にこれですべてを賄っても良いのですが、ちと塩分が尖っている気がするので。

沸騰したところに朝採りの新鮮なもぎ豆をぶっこみます!

夢がふっとつ!/枝豆

見る見るうちに枝豆が鮮やかな「青に近い緑」に変わっていくのを見ると、「新潟の夏が来た!」って感じるのですよ。

再沸騰したら、1~1分半くらいの間で「拾い食い」しながら、茹で上がり具合を確かめましょう。

夢がふっとつ!/枝豆

火を通し過ぎると食感もグダグダの煮豆チックになってしまうし、甘みも風味も全滅しちゃうので要注意!

途中で味見してみて、「豆の茹り具合」をチェックしよう!(笑)

夢がふっとつ!/枝豆

その後は、枝豆を茹でた鍋がざるに茹で上がった枝豆をぶちまけた跡で、茹で熱で鍋がカラカラに乾いているはずです。

そこに塩を撒きます。

ちなみに我が家ではこの段階で天然塩を使います。

夢がふっとつ!/枝豆のゆで方

茹で上がってざるにあげていた枝豆を戻し、さらに上から塩を振ります。その後は全力でシャッフル、シャッフル!

夢がふっとつ!/枝豆のゆで方

枝豆、ホント美味しい!

最近はいろんな品種が開発されていて、どの品種を食べても素晴らしく美味しい!出来ればもうちょい安くなって欲しいですがw

やっぱり「地産地消」が一番ですね!