米沢ラーメンを食べに行こう!山形もラーメンのレベルが高いぞ

米沢ラーメン「ひらま」

新潟もラーメン屋が多くレベルが高いと言われますが、お隣の山形県もかなりのものです。まずは米沢ラーメンを紹介しましょう。

米沢ラーメンと言ったら「ひらま」は一回行っとけ!

米沢ラーメンと言ったら、まずは「そばの店 ひらま」さん抜きでは語れないですね。米沢ラーメンの特徴と言ったら、まずはあの「細く縮れた麺」。

「ひらま」さんは元々が製麺店でして、米沢市内の人気店もこちら「ひらま」さんの麺を使っているお店が多いのだとか。

この麺が秀逸でして縮れがスープを拾って、「ドラえもん」を書いていた藤子不二雄さんの漫画に出てきた「ラーメン大好き小池さん」が食べていたラーメンはこんな感じだったんじゃないかと妄想してしまいました。(笑)

説明はこれくらいにして、早速行ってきた時のレポートです。

この看板だけが頼り
この看板だけが目印

田んぼの真中に有ります。最寄りの駅は有りませんし、多分バスも通ってないでしょう。車じゃないと無理ゲーな立地条件です。周囲は田んぼだらけで目印になる様なランドマークが皆無ですので、ナビが無いと行けません。

ちなみに僕は車とバイクで一回ずつ行きましたが、バイクで行った時はiPhoneのグーグルナビでたどり着きました。(笑)

「ひらま」の玄関
 開店30分くらい前からお客さんが集まって来ます

こちらの開店時間は11時20分なのですが、30分くらい前からお客さんが集まり始め、開店20分位前には10人位並ぶのがあたりまえ。GWは30分前から並んだほうが良いかも、それほどの人気店です。

駐車場は裏手も入れて結構と停められるはずですが、出遅れるとあっという間に満車になるので要注意です。お店の前の道路は交通量少なめなので、最悪ハザードランプを上げて路上で順番待ちも出来るかもしれませんが・・・

繁盛店なのに財布に優しい価格設定
味噌ラーメンは個人的には地雷だった。ニンニク凄すぎ

二人までだったら必ずカウンターに座るべし!

1人は勿論、2人までだったら絶対にカウンターに座ったほうが良いですよ!店主さんの一連の動き、麺揚げから厨房スタッフとの連携プレーは息の合い方が半端ないです。もはや芸術の域なので必見です。

「ひらま」の厨房の様子
連携プレーが半端ない

オススメはここまで来たら、やっぱり「中華そば」か「チャーシュー麺」でしょう。一回味噌ラーメンを食べましたが、アッサリ味噌なのは良いのですがニンニクが半端なくて、個人的には苦手かな。地元の方が冬の寒さが厳しい日に食べたくなる一品、って感じでした。

注文をしたら出来上がりを待つ間、厨房を眺めます。店主さんは念入りに麺を手揉みし、更に縮れさせます。それをお湯に放り込む!

ラードを入れ、醤油ダレを入れたドンブリにスープを注ぎ込む。麺が茹で上がる間、張り詰める空気。

麺が茹で上がった瞬間、店主さんの芸術的な麺揚げ!からの華麗な麺ざる捌きで各丼に麺を入れた後の、お姉さまたちの流れるようなトッピング作業。

最後に店主さんがスープ鍋から上澄みの香味油をお玉ですくい、それをチョイチョイ、と各丼に注いで完成!

「ひらま」のチャーシュー麺
チャーシュー麺
「ひらま」の中華そば
中華そば

麺が美味い!とにかく麺が美味いです。この麺の舌触りが米沢ラーメンの醍醐味かもしれません。スープは黄金色に輝く醤油味なんだけど、山を超えてお隣の喜多方市や、同じく県内の酒田ラーメンとはまたベクトルが違うもの。

アッサリなんだけど、とっても滋味深い奥行きのあるコクがたまりません。古き良き日本の正しいラーメンだと思います!インスタントのチキンラーメンはもしかして、米沢ラーメンを目指したんじゃないのかな?とふと思いました。

米沢の「そば ひらま」の中華そば、一回食べとけ!まずはここからだ!って、僕も実は米沢ラーメンは「ひらま」さんしか行った事無いんですけどね。(笑)

次回からは色んなお店に行ってみたいと思います。

「そばの店 ひらま」

他にも行ってみたい米沢ラーメンのお店。

次回から自分が行ってみたいお店をピックアップしてみます。(笑)

 熊分 志づ美
山大前 やまとや かわにし食堂

GW直前ネタと言いつつ、自分の行きたいお店のブックマークにもなってしまいましてすみません。このリストは僕なりに下調べをした上で「行ってみたいお店」をピックアップしてみました。参考にして頂けたら幸い。

自分が「良い」と思ったものしか奨めないのが当ブログのポリシーです!また、良い情報が有ったらコメント欄にコメント頂けると幸いです!

次回は山形県酒田市のラーメンを紹介したいと思います。それじゃ!