燕市 「酒麺亭 潤」 燕総本店

酒麺亭 潤 燕市総本店

燕三条系の背脂ラーメンの中で「潤」と言えば、今や言わずと知れた有名店で、杭州飯店と双璧をなす程の知名度なのですが、その「潤グループ」の総本店がこちら、「酒麺亭 潤」な訳です。久しぶりの訪問です。

今日は腹ペコだったので、ラーメン単品じゃ足りなさそう。どうせ沢山食べるつもりなら、ラーメン単品の「大盛り」も良いけど「ご飯物」も食べたい!

ってな訳で、セットメニューの中から「ラーメン+半天津丼セット」を注文。お代は1030円と、ちとお高めですが手の込んだメニューなので仕方なし。

潤総本店のセットメニュー
潤総本店のセットメニュー

画像の下の方に見切れていますが、半チャーハンのセットも勿論あります。こちらのチャーハンもかなり美味しいので、半チャーハンのセットもオススメです。値段は見落としてしまいました、すみません。

まずは先にセットのミニサラダが運ばれまして、暫くしてからの中華そば登場。

潤総本店の中華そば
潤総本店の中華そば

煮干しの良い香りがぷぅん、と香ります。

スープは醤油はまろやかな感じで、杭州飯店などの「福来亭」系の醤油とは別な醤油を使っているのか?醤油の角はあまり感じません。 使い方もあるんだろうな。(ちなみに福来亭系が使っているのは南区月潟の「扇弥」さんの醤油。)

さり気なくガツンと効いている煮干しダシ
さり気なくガツンと効いている煮干しダシ

その代わり煮干しダシがギリギリ苦い所まで届きそうなほどに効いてます。これは美味いですねー!久しぶりに食べてみたら美味いのなんの、夢中で食べます。

そんなタイミングで「半天津丼」登場!なんて美しいビジュアルでしょうか。

潤総本店の天津丼
潤総本店の天津丼

個人的に天津丼って、初めて頼むお店だと勇気がいるのです。なぜならば、「塩味あん」や「醤油味あん」が大好きなんですが、初めてのお店で頼むと結構と高い確率でケチャップを使った「甘酢あんかけ」に当たる事があるのです。

個人的に、あれがすっごく嫌。(笑)

食べれない訳じゃないけど、それはそれで美味しく頂けるけど。オイラの中で天津丼って、生まれてはじめて食べた天津丼の「なんだこれ、うめぇえええ!!」って思ったあの天津丼を彷彿とさせるものではイケないわけです。

その生まれてはじめて美味しい天津丼を食べたお店が、なんと燕市の「まつや食堂」さん。現在よりまだ以前の場所にあった頃ですね。あれは衝撃だった。

でも、「潤」の社長さんは何を隠そう「まつや食堂」さんの親父さん甥っ子。潤の社長さんは修行の仕上げに「まつや食堂」さんでおかもち抱えて出前に出たり働いて居た事があります。当時は近所の会社に努めていて良く食べに行ったり、出前を取っていたので、おいら知っています。(笑)

「まつや食堂」さんの親父さんをリスペクトしている事も知っているので、たぶん味も踏襲しているのではないかな?と思ったらビンゴでした!出来れば今後、「特製中華」もメニューに入れて欲しいです。(笑)

とっても美味しく、満足の行くお昼となりました!ご馳走様でした!!

住所新潟県燕市小牧464-12 
TEL0256-66-3685
営業時間11時~15時、17時~23時(22時45分LO)※土・日・祝日は11時~23時(22時45分LO)
定休日火曜、第2月曜
席数60席
駐車場21台