晩秋の信濃路。今年最後の長野ドライブ、やっぱり長野は最高!

前回買い貯めたリンゴも無くなったし、もう一回くらい晩秋の長野までドライブしたくて、今週も行ってまいりました!

今週は上越の「ニューハルピン」のラーメンが食べたくて食べたくて仕方がなかったので(むしろこっちが主役?)久しぶりに上越周りで走りました。

久しぶりに大好きなニューハルピンでラーメンを堪能した後は、信州中野市を目指します。前回と同じりんご園さんでりんご購入。自家消費用もそうだけど、人に上げたり頼まれたりするのも有るから結構な量。

帰路について暫くした所で、SNSで「成田屋さん復活したみたいだけど行かなかったの?」と友達からメッセージが来て、「ぇええ!?」と思って調べたら、どうやら今月23日から再オープンしていたらしい。

知っていたら絶対に行ったんだがorz、しょうが無い。完全復活の来年まで待つとしよう。せめておばちゃん達に会って元気な姿を見たかったな。

その後は野沢温泉村に寄り道して、「新田の湯」って外湯に入ってみる事に。村営駐車場(一時間100円)が直ぐ近くにあって便利だとの事でこちらに。

休日は地元の人より、湯めぐりマニアの方が多いかもです。入浴料は「お気持ち程度を賽銭箱にお願いします」と書いてあったので、駐車場料金100円を除いてポケットに300何十円だか残ってたので、それを全部投入。銭湯より安い適当具合でごめんなさい。

混み合う事はありませんでしたが、先客後客と絶え間なく。残念ながら温泉内の写真は取れませんでした。

野沢温泉は外湯が13箇所も有るとの事で、代表的な「大湯」は2・3回あるんだけど、「とにかくお湯が熱い!!」って印象が強い。殆ど「熱湯コマーシャルか!」みたいな。今回もそれを覚悟して、かけ湯をしてから恐る恐る湯船に足を突っ込むと・・・

「あれっ?ぬるい?」

肩まで浸かってみるが、ウチの家の風呂よりぬるいかも?そうこうしている内に先客の地元の方が出ていったのとすれ違いに、今度は3歳位の男の子を連れた若いお父さんが入って来た。

親子でかけ湯をしているんだが、男の子が湯船の周りをウロウロしながら「お父さん、凄く熱そうだよう、熱いのさっきのお風呂でもう嫌だよ。」

「なるほど、親子で外湯巡りをしているのかな?」なんて思いつつ、男の子に

「僕、大丈夫だよ!全然ぬるいから平気、騙されたと思って足突っ込んでご覧?」って言うと、恐る恐る足を入れて「本当だ!全然熱くないよパパ!」と男の子。

若いパパは「良かったね~!」って男の子と俺の顔を交互に見ながらニコニコ。話をしてみると、週末を利用して東京から来た親子みたいで男の子が「新幹線に乗って来たの!」って嬉しそう。

これだよねぇ。子供の頃から親父に温泉とか連れて行ってもらうと、親父も良く見ず知らずの人と「何処からですか?」「新潟です」「新潟ですか、私の父も新潟の出で・・・」みたいな感じで話していたなぁ。こういうのって良いよね。

今の世の中、なんかすっげーギスギスしてきているからね。ちなみにお湯がぬるかったのは、先客が温いのが好きなのか「水」の排出量を全開にしたまま出ていったからでした。(;´Д`)

こんななんでも無い幸せが、そんなに裕福でなくとも昔はもっと沢山会った気がする。ギスギスの原因を駆逐出来る日が一日も早く訪れて、今後は老後の事も安心して幸せに暮らせる日が一日も早く来ますように。

ちなみに今日のりんご以外のお土産はこちら!

魚沼の地酒と・・・

◯んずり!!

かんずり

伏せ字にすんじゃねーよ!!(笑)

・・・やっぱり、秋の長野は良いなあ。

おしまい。(笑)