映画「新聞記者」がサスペンスどころかほとんど「ノンフィクション」な件。

映画「新聞記者」

松坂桃李さんに演技派韓国女優のシム・ウンギョンさんのW主演に本田翼さんという豪華キャストの映画「新聞記者」。公開前からSNSではかなりの話題になっている。はたしてこの映画、何処が見どころで何が凄いのか?それは・・・

公開が待ち望まれる「新聞記者」
松坂桃李さんと本田翼さんは夫婦役です


サスペンスと謳ってはいるが、ストーリーがほぼノンフィクションなのが凄い!

まずストーリーです。

東都新聞記者の吉岡(シム・ウンギョン)の元に、大学新設計画に関する極秘情報が届いた(加計学園問題?)。

日本人と韓国人のハーフでアメリカ育ちの彼女は、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いていた。そんな彼女は真相を究明すべく調査を開始する。

一方、内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は葛藤していた。

「国民に尽くす」という純粋に正義を貫く信念とは裏腹に、与えられた任務は腐りきった現政権に不都合な国民向けのニュースやメディアのコントロール。

愛する妻(本田翼)の出産が迫ったある日、彼は久しぶりに尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後に神崎はビルの屋上から身を投げて自死してしまう。(森友事件で公文書偽造を命じられて自殺した若き職員が居ましたね)

真実に迫ろうともがく若き新聞記者。政府の「闇」の存在に気づき、選択を迫られるエリート官僚。

 二人の人生が交差する時、衝撃の事実が明らかになる!

現在進行系の様々な問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会派エンタティメント!貴方はこの映画を信じられるかー?

映画のストーリーが現実に起こっている事そのまんま

これ、映画としても素晴らしい出来でして、すっごく面白そうで僕も久しぶりにこんな骨のある邦画は久しぶりなので絶対に見に行こうと思います。

この映画を作るのはもの凄く勇気がいる事だったと思うし、良く役者さんも引き受けたな、って感心しました。だって実際に安倍政権から圧力が掛かる事も充分に有り得るからです。松坂桃李さんと本田翼ちゃん、ウンギョンさんは凄い役者さんだと思いますよ。

ちなみにツイッター上での反響はこちら。

実在のモデルとなった人達は、今も腐りきった官邸と戦い続けています。

シム・ウンギョンさん演じる「東都新聞の吉岡」って女性記者は、もちろん実際に実在する「東京新聞」の「望月衣塑子」さんの事です。

ちなみに安倍首相のお友達のジャーナリストの 山口敬之 が伊藤詩織さんに睡眠薬を飲ませてホテルに引きずり込みレイプした事を、官邸が被害者である詩織さんの訴えもろとも踏みにじって闇に葬り去ろうとした事実はこちら。(訴えと裁判は現在進行形)

勇気ある女性記者の望月さん
東京新聞の望月衣塑子さん

望月衣塑子さんに関してググったりテレビだけ観ていると「しつこい女」ってイメージだけ先行させられている気がしますが、僕はそう思いません。官房長官が彼女の質問に対してのらりくらりと本質をぼやかして逃げ口上で毎回質問から逃げているからです。

最後には「貴女の質問に答える必要はない。」と言い切って逃げましたからね。余程やましい事が山盛りで真摯なお返事が出来ないからなのでしょうね。

自殺した「神崎」のモデルもちゃんと実在してます!

松坂桃李さん演じる杉原の先輩である「神崎」は、おそらく杉原が尊敬するほどですので正義感溢れる「国民の為に働くんだ!」って素晴らしい官僚だったと思われます。この方のモデルは多分、望月さんのツイート中のこの方でしょう。

さて、 内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は誰に当たるのでしょうか?映画はまだ見れてませんが、最後にはスカッとする終わり方なのかな?映画はハッピーエンドで終わったとしても、おそらく現実は映画のお話以上に腐ってどうにもならない状態なのが現実なのです。マジで日本はヤバイです。

「選挙に行かない俺カッコいい」とか、まさか思って無いだろうけど、「選挙に行ったってなんも変わらんでしょ」とか思っている若者、考え改めて。気がついたら日本は好戦的な国になっていて「徴兵制」が復活したらどうする?嘘でも何でも無く、現政権は最終的にそこまで視野に入れて憲法を改正しようと躍起になっているのです。

君達が血を流して家族と生き別れる未来なんて僕は見たくないんだ。これからも子や孫の代まで未来永劫平和で安全な世界を築ける世の中にならないと駄目なんだ。その為に若い人たちの力を借りたいんだ。政治に自分達の未来に少しだけ興味を持って、全ての選挙に参加して欲しい。貴方達が戦争に巻き込まれないで済むように。

この映画がそこそこヒットして、現在の日本がアメリカの言いなりになり過ぎで世界から見てもどんなに惨めで腐敗臭が半端ない馬鹿丸出しの国になっているか、政治家や官僚・役人がどれだけ腐っているかを知るきっかけになったらな、って思います。

まあそういう深い事考えなくても凄く面白い映画だと思いますので、僕は絶対に見に行きたいと思います。本田翼ちゃん可愛いしね。(笑)

NHKを始め民放テレビもTBSやテレビ朝日のごく一部のニュース番組以外は全て国民を騙す為に官邸の圧力で制圧されてしまっている今、この映画は貴重です!公開前に官邸の圧力でこれも潰されませんように。実際にこの映画の宣伝、テレビでしてませんもんね。させて貰えないんでしょうね。

「最後に問う、貴方はこの映画を信じられるか?」この言葉が、実はこの映画のストーリーがノンフィクションなのだと問いかけて居るのです。

久しぶりに見るのが楽しみな衝撃的で面白い映画が現れてくれました、それも邦画なのがまた嬉しいっす。こんな骨のある映画を作る人、日本にまだまだ居たんですね♪絶対に見に行こうーっと!!

それじゃ!