新潟の夏の風物詩!十全茄子の漬物の作り方。

新潟な酢漬け|夢がふっとつ!

新潟の夏はやっぱり十全茄子の漬物無しでは語れません!

新潟の夏と言ったら、「くじら汁」と「枝豆」と「とうもろこし」と「なす漬け」と「夏祭り」は全てセットなんです。(笑)

そんな訳で、沢山貰った十全茄子を使って「ナス漬け」を作ってみた。

この時期、沢山もらい過ぎた茄子の中から、比較的小振りで皮の薄いのをチョイスしてみる。(笑)

それらをよく洗った後に尻の部分の硬い所と、ヘタの先端の部分をカットします。

新潟な酢漬け|夢がふっとつ!
なるべく茄子が粋の良いウチにやっちまましょう!(漬物を作る際の鉄則)

僕は今回はいろんなレシピに翻弄され、ちとデタラメ気味のレシピで漬けてしまったので、自己レシピは公開しませんw 

十全茄子の浅漬|夢がふっとつ!
まずは下準備。漬かり易いようにヘタの頭と尻の部分を切ります。

色々調べると、それぞれ人によってレシピの内容が凄いぶれ幅があるので、自信を持ってレシピを公開できない。人によって好みや漬け方とか幅があるんでしょうね。

そんな中で、敢えて紹介できるとしたらこちらのレシピかな。それで試してみました。

十全茄子の浅漬|夢がふっとつ!
漬け汁を作ってみた。

漬け汁は、基本的に大体上のレシピをもとに作ってみた。それで一晩漬けてみる。

十全茄子の浅漬|夢がふっとつ!
初めてのナス漬け。

こちらのレシピで漬けてみたら、一晩漬けただけではかなり茄子がフレッシュでして。(笑)

漬け汁のレシピの塩やみょうばん、その他全てを三倍の量にしてみた。

十全茄子の浅漬|夢がふっとつ!
みょうばんと塩と砂糖を追加。
十全茄子の浅漬|夢がふっとつ!
落し蓋をして・・・
十全茄子の浅漬|夢がふっとつ!
再度、重石をして二晩着けてみました。

ナス漬って塩加減が難しい。だからこそ挑戦のしがいもあるんだけど。

2日後、美味しく頂けました!ほんと漬物とかって漬けるものによって塩加減だとか難しすぎるw

それでも凄く勉強になったので、ナスを大量に貰って困った時の知恵袋に入れておきます、美味しかったです!!(笑)