「FOOD SONIC 2019 in 新潟」に行ってみた。

フードソニック2019in新潟

本日は「嫁孝行」を兼ねて、今週末の5月25・26日の二日間に渡り新潟市の「万代島朱鷺メッセ大かま」で行われた、ビール会社と地元テレビ局主催の「フードソニック 2019 in新潟」に行って来ました。

とにかく暑かった。。。
とにかく暑かった。。。

なんでも「 食べログ3.5以上の大阪の名店が大集合! 」との事ですが、食べログの評価ってあまりあてにならねんだよな、とかも思いつつ行ってみた。

見た感じ、雰囲気は「お祭り」か「B級グルメGP」みたいですね。

関西らしいメニュー
想像したほど混んではいませんでした。

フードソニックは「食べログ」で高評価な有名なお店が出店しているらしい!

餃子ってカスタムしづらい料理かもしれない
餃子。どこまでも普通の餃子です。
ポン酢のムースで食べるんだって。
この泡状のものは、ポン酢のムース。

餃子は確か600円だったかな。ビールのお供に最高ですね!小籠包も買ってみました。これも600円だったと記憶。

小籠包。
これもビールのお供には良いかもです。

この辺りはビールのあてに最高ですね、普通の餃子に小籠包でしたが、ポン酢のムースが面白かったです。

牛カツ。これで1000円。最初目が点になりました。

これで千円www
グラム数にして80gくらいしか無いんじゃないかなー?

まあ、祭りの露店価格とは言えアレかな。元が高級なお店なんですかね?(笑)

お好み焼きは800円。有名店らしいんですけどね。(笑)

半生のお好み焼きとか無理なので捨てました。
一口だけ食べた

結論!縁日で昼間からビールを飲むのが大好きな人にはオススメ。

まず、ビール会社が協賛しているのでしょうが無いけど、ビール以外のソフトドリンクがノンアルコール以外は「お茶」とか「ミネラルウォーター」しか無かったのに唖然。オレンジュースや「オランジーナ」位は有ったみたいだけど、コーラとかその他のソフトドリンクが全然売って無かったのはなんで?

総合的に見ても味にうるさい方にはオススメ出来ないかな。所詮は露店ですので限界があります。その割には店舗で頂く料金以上の気がしますし。まあ、個人的には一回行けば充分かな。

本日は凄く暑かったので、皆さん滞在時間は少なめだった模様でとにかく人の回転は早かったですね。僕らも滞在時間は30分ほどでした。

その後はさっぱりしたもので口直しがしたい、と思って駐車場の車の中でググる。そんでもって行ってみたのがこちら。

昔ながらのアイスクリンが食べられる。
昔ながらの雰囲気がたまりません。

新潟市 中央区本町通14番町に有るこちら、三河屋本舗さん。

アイスクリン 300円。

昔ながらのシンプルだけど飽きない味のアイスクリン
材料は卵の黄身と砂糖と水のみといシンプルさ。

材料は、なんと新鮮な卵の黄身と水と砂糖のみ、というシンプルなアイス。子供の頃に食べた味を求めて、初めて買い求めてみたんだけど、「子供の頃に食べたアイスクリン」より予想以上にあっさりしていて少しビックリ。

自分の中では、子供の頃に食べた「アイスクリン」はまるで「濃厚なミルクセーキ」を凍らせた感じの味だったからだ。「あれは何処で食べたんだったっけ?」と帰りの道中に車を運転しながら必死に記憶の糸を辿った。

そうだ、あれは僕が幼い頃に「親父」が作ってくれたアイスだったんだ。親父は今はもう無い、北三条駅前通りにあった老舗の和菓子屋の息子だったんだっけ。

「売っているアイスクリームとかとは違うけど、これを食べてみな。」って作ってくれた事があったんだ。「美味いか?」って聞きながら僕の顔を覗き込んだ親父の顔がいきなり蘇って来て胸が少し「ギュッ」ってなった。

なんか自分の原点の、更に原点に触れた気がして嬉しくなった。

以外な所で記憶って戻るものなんだな。今日突然、アイスクリンを食べたくなったのは偶然じゃないかもしれない、必然だったのかも。親父があの世から仕込んだのだろうか。(笑)

そんな事をふと思ってしまう夜も、たまには良いかもしれない。

それじゃ!